home>京都醍醐ライオンズクラブ

京都醍醐ライオンズクラブ

私たち京都醍醐ライオンズクラブは、京都洛東ライオンズクラブのスポンサーにより1976年12月11日に初代会長L牟礼一弥をはじめ総勢40名で結成、翌年5月1日の認証状伝達式にて正式に承認されました。

醍醐ライオンズクラブ結成式
京都醍醐ライオンズクラブ結成式典 1976.12.11
京都醍醐ライオンズクラブ旗1 京都醍醐ライオンズクラブ旗2

会長のあいさつ

「心はひとつ 地域に貢献を」

2020年度~2021年度
第44代会長 L 林 正博

この度44期の会長を務めさせていただきます 林 正博 です。L浅井国勝のスポンサーで入会させていただきました。

まだまだライオン歴も浅く経験不足でありますので会長の重責を務められるのか緊張と不安でいっぱいです。

また今年に入ってのコロナの感染はいまだ収束せず、経験のない事ばかりが続いており準備不足の中でのスタートとなりました。しかし幹事に L小山力、会計に L島田薫など 経験豊富な方々が役員を快く引き受けていただきました事は非常に心強く感謝でいっぱいです。

さて44期の会長スローガンとして下記の様に考えました。『仲間と共にできる事からWE SERVE』ボランティア活動はなにからどのように始めてよいのかわからない事が多々あります。

ライオンズのメンバーですと、すでにクラブの中でアクティビティとして活動している事もあり自分に合った活動に参加できます。そのようなメリットを生かすことによってメンバーと一緒に活動できます。次に会長運営方針として下記の様に考えました。

1.出席率を高めて楽しい例会にしよう。
2.地域への貢献に積極的に参加しよう。

まずは例会にできるだけ出席し仲間とテーブルを囲んで楽しい時間を持つことが大事と思っています。その中でメンバーの方々の考えを理解し会話が弾む事で次の例会がまた楽しくなってほしいと考えています。また地域への貢献はスローガンにも述べました通りできるだけ参加したく思います。

最後になりましたがこの44期を皆様とともに有意義な1年間としていきたいと考えておりますので、ご理解ご協力をよろしくお願い致します。

林 正博

幹事就任のご挨拶

小山 力

この度、京都醍醐ライオンズクラブ第44期の幹事を拝命いたしました。会長 L 林正博 を支えて、出航した林丸を無事に帰航する様に頑張ります。そして会長スローガン「仲間と共にできる事から WE SERVE」の為に幹事の仕事を頑張ります。クラブ発展の為にクラブメンバーと共に精一杯の力を出して44期を盛り上げますので、皆様のご指導、ご協力を賜ります事をお願い申し上げます。

会計就任のご挨拶

島田 薫

この度、第44代 林正博会長の下、会計と言う重責を担うことに成りました。会計と言う重責を果たせるか非常に不安ですが会長・幹事をはじめ皆様のご協力を賜りながら精一杯の努力で任務を邁進し運営に努めたいと思っております。来期は45周年でも有り会員も減少している中、今期は積極的にドネーションをして頂きクラブ資金にゆとりを持たせたいと考えておりますので皆様宜しくご協力の程お願い申し上げます。

京都醍醐ライオンズクラブ概要

名称 京都醍醐ライオンズクラブ
所属 ライオンズクラブ国際協会 335-C地区 4R1Z
結成 1976年12月11日
C.N. 1977年5月1日
ガイディング又は
お世話頂いライオン名
ガイディングライオン
L中山弥一郎(京都洛東ライオンズクラブ)
会員数 43名
事務所 京都市東山区粟田口華頂町1番地
ウェステイン都ホテル京都6F
(定休日/土・日・祝)
(就業/AM10:00~PM4:00)

大きな地図で見る

郵便番号 605-0052
電話番号 075-771-9333
ファクシミリ 075-761-9333
e-mail
例会場 ウェステイン都京都ホテル
電話 075-771-7111
例会日 第2・第4木曜日
例会時間 18:00~19:15

第44期 役員及び理事構成員(2020.7~2021.6)

会長 L 林 正博
前会長(LCIFコーディネーター) L 中世古 裕之
第一副会長(GLTクラブ指導力育成委員長) L 福井 啓介
第二副会長(GSTクラブ奉仕委員長) L 吉川 晴
幹事 L 小山 力
会計(財務委員長) L 島田 薫
ライオンテーマー L 内海 貴将
テールツイスター L 淺井 國勝
会員委員長(GMT委員長) L 山根 弘丈
理事 L 山下 守男
L 木下 堯大
L 佐竹 不二郎
L 八木 光次
L 藤田 剛士


ゾーン・チェアパーソン L 山下 守男
ゾーン・チェアパーソンセレクタリー L 木下 堯大

京都醍醐ライオンズクラブ歴代役員

年度 歴代 会長 幹事 会計
1977 初代 牟礼 一弥 津田 明 岩崎 清宏
1978 2代 沢井 英夫 西村 善春 道下 義昌
1979 3代 北川 秀夫 青山 金吾 沢枝 安雄
1980 4代 中窪 嘉邦 岩崎 清宏 小松 勉
1981 5代 若山 備弘 上田 英 國松 要太郎
1982 6代 西林 善春 佐竹 恒夫 北村 育久
1983 7代 内海 悦一 廣瀬 潔 岩田 六郎
1984 8代 松本 卯之助 竹内 眞三郎 小西 恒夫
1985 9代 岩田 潔 坂田 時王 木下 和夫
1986 10代 國松 要太郎 迫 秀尚 田中 成二郎
1987 11代 廣瀬 潔 溝川 長雄 増見 常和
1988 12代 山内 幸太郎 木下 和夫 熊谷 隆一郎
1989 13代 岩崎 清宏 梅村 勲 西村 昌士良
1990 14代 津田 明 山口 忠雄 厳嶋 健一
1991 15代 田中 友治 浅井 国勝 市村 泰尾
1992 16代 木下 和夫 田中 成二郎 出口 秀一
1993 17代 上田 英 山本 保夫 東 定夫
1994 18代 佐竹 恒夫 厳嶋 健一 加藤 敏雄
1995 19代 青山 金吾 小林 敏 秋山 末吉
1996 20代 河崎 弘 秋山 末吉 山本 保夫
1997 21代 坂田 時王 山崎 恵弘 高間 正夫
1998 22代 猪奥 信次郎 松原 正彦 増見 常和
1999 23代 梅村 勲 佐竹 不二郎 大橋 九兵衛
2000 24代 山本 保夫 植本 茂嘉 八木 光次
2001 25代 溝川 長雄 藤田 剛士 小山 好弘
2002 26代 秋山 末吉 西村 昌士良 林 徹郎
2003 27代 浅井 国勝 八木 光次 森本 善彦
2004 28代 佐竹 不二郎 諸角 伸夫 木下 和夫
2005 29代 大橋 九兵衛 河原 克治 山内 幸雄
2006 30代 長嶋 正晃 長田 修 厳島 健一
2007 31代 中路 達雄 山内 幸雄 厳島 健一
2008 32代 小林 正義 佐竹 不二郎 木下 和夫
2009 33代 諸角 伸夫 小山 好弘 厳島 健一
2010 34代 八木 光次 山下 守男 田村 重次
2011 35代 長田 修 小山 力 田中 徳二郎
2012 36代 山内 幸雄 藤田 剛士 厳嶋 健一
2013 37代 小山 好弘 山根 弘丈 福田 喜之
2014 38代 小山 力 島田 薫 岩淵 貴史
2015 39代 藤田剛士 辻 武 岩淵 貴史
2016 40代 山下 守男 岩淵 貴史 辻 武
2017 41代 島田 薫 小山 力 山内 幸雄
2018 42代 山根 弘丈 吉川 晴 藤田 剛士
2019 43代 中世古 裕之 藤田 剛士 木下 堯大
2020 44代 林 正博 小山 力 島田 薫

京都醍醐ライオンズクラブの主な奉仕活動

◆ 環境保全奉仕活動
環境保全奉仕活動

毎年の恒例になっている、下賀茂神社糺の森への市民植樹祭への協賛や、クラブ発祥の地である山科・醍醐地区を水と緑豊かな美しいまちづくりのための企画運営、また京都環境事業協同組合と協力し空き缶のリサイクル回収などもおこなっています。

◆ 青少年育成奉仕活動
青少年育成奉仕活動

青少年たちに深刻な問題を引き起こす禁止薬物撲滅のための活動や、国際平和ポスターコンテストへの参加。また海外YE生の受け入れ交換などこれからの国際社会を担う若い世代を育てるための活動もおこなっています。

◆ 献血推進奉仕活動
献血推進奉仕活動

不足する血液を持続可能で、安定した血液量の確保のため「京都府学生献血推進議会」を支援。大学生たちと連携した献血活動をひとつのモデルとして、地域から全国に普及させることを目的として活動しています。

◆ 地域社会奉仕活動
地域社会奉仕活動

地域の住民やまちづくり協議会と連携して「ふれあい”やましな”」や「ワイワイ広場」などのイベントやコンサートを協賛・主催したりなど、山科・醍醐地区の活性化に努めています。また山科経済同友会とともに地元出身で広く活躍する人材にやましな栄誉賞の贈呈などもおこなっています。

京都醍醐ライオンズクラブの歌

作詞 岩田 清  作曲 浅田 憲司

1.
古い歴史の 醍醐の里に
環状線が 走り抜け
桜と寺と 白いビル
この街守る 燈台守は
愛と光の ライオンズ
ああ醍醐 ライオンズ
2.
遠き船出に ドラの音ひびく
醍醐丸に 乗組んで
灯とどかぬ 谷間にも
必ず寄港ります 微笑みもって
清き誠の ライオンズ
ああ醍醐 ライオンズ
3.
小さなクラブの 大きな集い
世界の国と 両手をつなぐ
奉仕の波の ひろがりは
醍醐の街から 展ばそう吾等
L(エル)のマークの ライオンズ
ああ醍醐 ライオンズ